ダイエットにはリバウンドがつきものなのかな?

ダイエットにはリバウンドがつきものなのかな?

ダイエットとリバウンド、この二つってとっても関係が深い気がします。

 

ダイエットが成功してリバウンドを経験したことのない人なんていないんじゃないかって思うくらいです。

 

事実たくさんの人がダイエットをしているわけですけど、ダイエットに失敗してリバウンドを経験するから再びダイエットに励んでいるわけで・・・

 

ボールが跳ね返るように勢いをつけて減らした体重ほど勢い良くリバウンドしてしまいますから、戻りかけた体重をコントロールすることをしなければダイエットの成功は迎えられません。

 

 

 

ダイエットが成功と呼べるのは、少なくても1年間、初期体重の10%減を維持できた状態なんだそです。

 

ダイエットをして体重が減ったことに安心して以前の生活習慣に逆戻り、以前よりももっと体重が増えたりして、1年以内に体重の大幅な増減を繰り返すのがリバウンドです。

 

体重は常に変動しているもので、朝と夜で1キロくらいの差があることは珍しくはないですよね。

 

これは誤差の範囲内ですから、これくらいの数字の変化に神経質になることもないでしょう。

 

食べて、排泄して、細胞を合成して、分解している生物ですから、入るエネルギーと出ていくエネルギーが同じなら極端に太ったり劇的に痩せたりはしないはずです。

 

でもだからといって同じ体重をずっと保てるかと言うと疑問なんですね。

 

 

 

20代後半を超えると、代謝能力は衰えていきます。

 

同じように食べて排泄をしていても、食べた物をエネルギーとして使いきれなくなってくるのです。

 

その余分なものが体脂肪へと変わっていくんですね。

 

だからみんなダイエットをするわけですけど、ダイエットをしてリバウンドをするというパターンを繰り返すと、何もしないでいたひとよりも肥満になりやすいんだそうです。

 

だったらむやみにダイエットをしない方がイイと言うことになるんでしょうけどね。

リバウンドで体脂肪だけが増えてしまう

体重が増えてダイエットに励み始めると、一時は体重を減らすことができるし、お腹の余分な脂肪も少なくなってきます。

 

ダイエットに成功したと思って、ちょっと気を緩めるとすぐに元の体重に戻ってしまいます。

 

でも再びダイエットをするにしても、最初の体とダイエットをしても度に戻った体はまったくの別物になっているんですね。

 

 

 

ダイエットを始めると最初に一気に体重が減りますが、水分の減少で体重が減っていることが多いんです。

 

食べる量を少なくするので、飲食物から取り入れる水分が減るんですね。

 

少なくしたい体脂肪は、その後からゆっくりと減ってくるのです。

 

筋肉の内側にある内臓脂肪の方gあ、筋肉の外側の皮下脂肪よりも早く減ることになります。

 

しでも食事制限をすると、ダイエットをすることで体脂肪だけでなく、筋肉の量も減ることが多いんですね。

 

ここでリバウンドをすると、筋肉が少ない状態で内臓脂肪と皮下脂肪が増えますから、よりたくさんの脂肪がつくことになってしまいます。

 

筋肉量が減るわけですから、基礎代謝量が減るので、どんどんとダイエットで体重を落とすのが難しくなってくるのですね。

 

 

 

ダイエットを決意する時には、内臓脂肪、皮下脂肪、筋肉もしっかりとついている状態です。

 

食事制限でダイエットをすると、脂肪とともに筋肉も減ることになります。

 

筋肉を維持してきた材料が不足していますからね。

 

このときに運動をしながらリバウンドを防がないとダイエットを成功させることができません。

 

運動をしないで食生活が元に戻ると、体型は同じようになったとしても、筋肉量が減って内臓脂肪と皮下脂肪が詰まった状態になってしまうんです。

リバウンドをしなければ内臓脂肪が減っていく

内臓脂肪はある一定量以上増えると、体に悪影響を及ぼす物質を放出するようになります。

 

そのせいで糖尿病、脂質異常症などの業気になるリスクが高くなるのですね。

 

ダイエットに成功すれば、内臓脂肪の量は劇的に減りますが、その状態を5年程度は維持するようにしないといけないようです。

 

基本的に体重の増減はエネルギー摂取と消費次第ですから、5年間維持できるようになれば、その習慣が根付いてきたことになります。

 

感染する肥満

人は思っている以上に周りの影響を受けているようです。

 

ダイエットやリバウンドも感染してしまうようですね。

 

周りの人がダイエットに成功すれば、自分のダイエットが成功する確率が高くなりますし、周りの人がリバウンドをしていると、やっぱり自分もリバウンドする確率が高くなるようです。

 

だからやる気のある人たちのグループ、本気でダイエットに励むグループに属していれば、早く理想の体型に近づけるのかもしれません。

 

口だけダイエットを言っていても、行動が伴わないようなグループにいれば、結局はその人たちと同じようにずるずると肥満を引きずることになるのかもしれませんね。

 

 

 

減量するほうが、減った体重をキープするよりも簡単です。

 

だから注意を向けるのはリバウンドなんですね。

 

リバウンドをしなければ、徐々に難しくなるダイエットを繰り返さなくてもすみますからね。

 

日々の生活は習慣化していますけど、その習慣に太りやすい根本的な理由があります。

 

だから生活習慣を変えていかないと、たとえ体重を減らすことができても、元に戻りやすいんですね。

 

太りやすい生活パターンをリストアップして、それをどうやって変えていくのかを考えないとリバウンドから逃れることができません。

 

夕食の時間だったり、ちょっとした運動だったり、ストレスの発散だったり、食事の内容だったり・・・

 

ダイエットをしながら今までの生活習慣を良く見直してみることが、体重を維持する秘訣なのかもしれませんね。